今でも残る礼金の使われ方

今でも残る礼金の使われ方


今でも残る礼金の使われ方
"礼金の一部は大家さんが不動産屋に支払う言わば紹介料に充てています。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金とは、戦後の焼け野原で居住するところの無い人達が「大家さん、貸してくれてありがとう」という、お礼の意味で始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。

入居者から2ヶ月分の礼金をもらったとしたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うのが一般的となっています。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。"





免許合宿はここ
URL:http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿のことなら






今でも残る礼金の使われ方ブログ:15-11-2019

グッドイブニング^^

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子様たちが
「Trick or treat?(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のお菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したお菓子ではなく、
お菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や団子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや運動会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子様たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
パキスタンではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もお菓子もその言葉だけで
お子様たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
今でも残る礼金の使われ方

今でも残る礼金の使われ方

★メニュー

敷金について理解をしておこう
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
地域密着型の不動産屋
不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
家賃の上限は決して崩さないで
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違いの無い賃貸情報配信中